JUGEMテーマ:レトロな街へ!

今回は茨城県のほぼ中央に位置する石岡市を歩きます。
石岡市は国道6号線と常磐道、JR常磐線が走る交通の要所です。中町通りには登録有形文化財の建物が多く立ち並びます。
2014年の3月に訪れました。


石岡駅です。
駅舎は2016年完成予定の橋上駅完成に向けて解体されてしまったようです。

石岡は常磐線各駅列車のほか特急ときわも停車します。(写真は土浦駅でのもの)

駅前を見渡してみます。


霞ヶ浦が近いためか駅前には土産物屋がありました。これも昔の遺産でしょうか。
そして昭和レトロで売り出している町らしくレトロをモチーフした店がありました。


石岡ステーションパーク。ここからバスが発着します。奥にいるバスはかしてつバス。2007年までここから鉾田まで鹿島鉄道が走っていました。廃止後はここからバスが配線跡を利用して走っています。

駅前通りである御幸通りを歩いてみましょう。

不二家ひとつとっても横から見ると昭和を感じさせる建物です。


ペコ様。いろいろなコスプレをさせられて全国の店前に立たされています。

水戸信用金庫の角を左に曲がり金丸寿通りを歩きます。
いよいよ登録文化財の建物が登場します。

喫茶店四季。昭和5年頃に建てられました。煙突風の突起物が特徴です。


栗山呉服店。昭和7年ころに建てられた呉服店です。木造2階建ての商家建築。

メインの中町通に出てみましょう。

森戸文四郎商店。昭和5年築。現在は生花店ですが当時は飼料店でした。日配資料の看板が名残を残しています。
木造2階建ての看板建築で柱のレリーフ、褐色タイルなどアールデコ調の外観は看板建築としては典型的なものだそうです。


きそば東京庵。昭和7年頃築。木造2階建ての和風食堂建築。

この並びに3軒文化財が並びます。


左から十七屋履物店。昭和5年築。昭和4年の大火のあと建てられたこの地区における最初の看板建築の建物です。
2階は持送風の柱飾りを中心にして縦長の連窓を左右に配しています。


久松商店。昭和5年頃築の化粧品・雑貨店で現在は喫茶店になっています。


福島屋砂糖店。昭和6年築の砂糖問屋です。土蔵造りの壁が土漆喰塗りではなくコンクリートで作られています。

石岡の文化財探索はまだまだ続きます。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 海南市の古い町並みを歩こう〜船尾市場と黒江の街並み
    さんぽっぽ
  • 海南市の古い町並みを歩こう〜船尾市場と黒江の街並み
    ばつまる
  • 山形市で商業地めぐり〜大沼百貨店と惜別・十字屋山形店
    さんぽっぽ
  • 山形市で商業地めぐり〜大沼百貨店と惜別・十字屋山形店
    コロロ
  • 静岡県沼津市で街歩き〜西武百貨店があった頃の沼津駅
    さんぽっぽ
  • 静岡県沼津市で街歩き〜西武百貨店があった頃の沼津駅
    Jerry Mouse
  • 和歌山県有田川町で街歩き〜有田鉄道廃線跡をめぐって有田川鉄道公園へ
    絵本のまち有田川
  • 80年代の写真から〜183系L特急わかしお&ビーチ・インBOSOわかしお
    さんぽっぽ
  • 80年代の写真から〜183系L特急わかしお&ビーチ・インBOSOわかしお
    タケシタフミヒロ
  • 名古屋市中村区で街歩き〜レトロな商店街と中村遊郭
    さんぽっぽ

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM