2019年も地方の百貨店を中心に閉店の話が続いてしまっています。

 

今年も自分が街歩きをしたときに撮影したものを中心に2019年に閉店もしくは閉店を発表した商業施設を地域別に掲載していこうと思います。

昨年までは実際に撮影したものだけにしていましたが、今年はあまり地方遠征ができそうもないのでメディア発表したものも含めることにしました。

 

昨年閉店や撤退を発表したものも含まれるので、前回のものと重複するものがありますのでご了承ください。

新聞等メディアで発表され次第追加していきます。

 

(2019年11月ほの国百貨店、京都マルイなど追加)

 

 

●北海道・東北

 

イトーヨーカド釧路店・・・2019年1月20日閉店

・2018年12月に閉店することが表面化しました。釧路店は1981年にオープン、契約している建物の賃貸契約を更新のタイミングやピーク時の売り上げの6割程度まで落ち込んだことからの発表となりました。イトーヨーカドーの北海道の閉店は縮小発表後これが初めてで道内の店舗はこれで残り10店になります。

 

イトーヨーカド恵庭店・・・2019年9月29日閉店

・1979年に恵庭市が誘致して開店しましたが、近年はフレスポ恵み野などの出店で売上が減少していたことや、胆振東部地震による改修費用が追い打ちをかけたといわれています。

 

棒二森屋(函館)・・・2019年1月31日閉店

・函館はいつか行きたいと思いつつ棒二森屋もついにみることができませんでした。正確に言うと改札を出たことは出たのですが、函館を街歩きするのには丸1日必要、お昼の時点で無理と判断しそのまま札幌に向かったのでした。

棒二森屋も駅から近いしその名前からして興味はあったのですが仕方がありません。

棒二森屋は1937年に金森森屋百貨店と棒二荻野呉服店が合併する形でオープンしました。相次ぐ競合の函館進出に1981年ダイエーと業務提携し翌年アネックス館がオープン。

2005年にダイエーの子会社中合と合併もその後中合がイオンの子会社になったことで、耐震補強工事の問題や売り上げの低下などから閉店しホテルや商業施設への建て替えが決まりました。

 

中三青森本店・・・2019年4月30日閉店

 

・1974年にオープン、中三はここ20年売上が苦戦していたことに加え2011年の盛岡店の爆発事故や震災の影響で破たん、現在はスポンサーの出資で運営を続けていましたが耐震補強の問題などで一旦閉店し2022年をめどに複合商業施設を建て替える予定です。

 

ななっく(元中三盛岡店)・・・2019年6月2日閉店

(2016年撮影)

 

・ななっくは中三盛岡店の閉店を受けて2012年10月に開業したものの近年はテナントの撤退や客足の鈍化、親会社の経営悪化に加え、建物は1956年に川徳が使用し、移転後1981年に中三が使用していたのですが建物の老朽化もあり閉店が決まりました。

 

 

 

大沼百貨店米沢店・・・2019年8月15日閉店

(2008・2015年撮影)

 

・1970年に開業。大沼本体が危ないという話は前から聞いていたのですが、昨年改装したのでもう少しもつかと思っていたら資金不足で改装が中途半端になり却って状況が悪化したようです。

今後は山形本店に集中するとのことですが心配です。

当時のブログにも書いたのですが少なくとも2008年の段階ではデパートや流通に興味はありませんでした。それでも写真を撮ったのは米沢という人口10万人の小さな町にもデパートがあるのかという興味をもったから。本当に地場の百貨店には頑張ってほしいのですが。

 

 

●関東

 

 

宇都宮パルコ・・・2019年5月末閉店

(2014年撮影)

 

・1997年に再開発の一環のなかでオープンしました。宇都宮の中心部は上野百貨店、西武百貨店、ロビンソン百貨店と一時期撤退、閉店が相次いでいました。

また宇都宮パルコも近年は厳しい状態が続き、空きテナントも目立っていました。パルコは千葉、大津に続いての撤退となります。

 

 

 

イオン石岡店・・・2019年2月末閉店

・1987年にジャスコ石岡店としてオープン、2011年にイオンになりました。30年経ち一度閉店後取り壊し、新たに大型商業施設を建設する予定です。

 

イトーヨーカド古河店・・・2019年2月17日閉店

・1976年に開店、駅に近い立地だったのですが大型店の郊外進出やニーズの多様化で売り上げが低迷していました。

 

イトーヨーカド新田店(草加市)・・・2019年2月24日閉店

・草加市にあり東武伊勢崎線新田駅から徒歩5分くらいのところにあります。1972年開店とあって老朽化のため取り壊されるようです。

 

ユニーアピタ吹上店(鴻巣市)・・・2019年4月中旬閉店

・1998年に開店、埼玉県内では岩槻店が2017年に閉店しており残りは4店になります。

 

ザ・プライス川口店・・・2019年5月19日閉店

  (2017年撮影)

・1971年にイトーヨーカドー川口店として開店、2008年にザ・プライスになりました。

2017年に駅前再開発計画の発表があり、そのなかにザ・プライス川口店もはいっていたことから閉店の噂はあり、自分も閉店前に行ってみました。近くにはアリオ川口もありますが再開発後再出店するかどうかは未定のようです。

 

 

ザ・プライス西川口店・・・2019年5月20日閉店

  (2017年撮影)

・1975年にイトーヨーカドー西川口店として開店、2009年にザ・プライスになりました。

ここは川口の後に寄ったのですが競合が駅の反対側の東武ストアくらいしかなく、閉店するとは全く思っていませんでした。むしろ建物が古いのでそちらに注目していました。

 

 

そごう川口店・・2021年2月末日閉店

(2017年撮影)

2019年10月に他の西武・そごう4店舗を含めて業績の改善が見込めないとして閉店発表がありました。川口市からは同じグループのイトーヨーカドーも2店閉店します。

 

 

 

イトーヨーカド上福岡東店・・・2019年8月25日閉店

・上福岡は何回か降りているのですが、駅前の西友や東武ストアしか撮っていませんでした。1999年にオープンしてちょうど20年で閉店になりました。

 

イオン所沢店・・・2019年9月30日閉店

  (2017年撮影)

・1981年西武の中核地所沢にダイエーがオープンして話題になりました。以来2016年イオンを経て今に至りますが、売り上げの低迷に加え西武鉄道が所沢駅にグランエミオをオープンしたことも響き閉店が決まりました。

 

 

川越モディ・・・2020年1月31日閉店

  (2015年撮影)

・1970年にモディの前身丸井川越店として開店、2007年に今の形に業態転換しました。川越も競合が多く人通りが多い商店街にありましたが、売上が低迷し閉店が決まりました。モディとしての閉店は2012年立川店以来となります。

 

 

イオン千葉長沼店・・・2019年2月末閉店

(2014・2015年撮影)

 

2000年11月にワンズモールのキーテナントとして開店、写真撮影時はダイエー千葉長沼店でしたが2016年3月にイオン千葉長沼店になりました。

一度閉店対象になった店舗でしたが、イオンとして継続していたので閉店しないのだと思っていましたが、近場に自社競合のイオンタウン稲毛長沼やイオン稲毛店があるうえ、近い将来幕張新都心にもう1店新店の予定があるため閉店となりました。

 

 

イオンショッパーズプラザ横須賀・・・2019年3月末日閉店

(2010年撮影)

 

写真は横須賀に行ったときに偶然撮っていたものでちょっとわかりにくいですがダイエーショッパーズプラザ時代のものです。

1991年に住友重工跡地にオープンし2006年にイオンになりました。閉店後香港の外資系企業により全面改装し新業態の複合施設になるようです。

 

 

ダイエー横浜西口店・・・2019年2月11日閉店

(2014年撮影)

1972年開店、1968年に開店したサンコーを増築して横浜西口ショッパーズプラザとしてオープンしました。高校時代はよく横浜に行っていたのでダイエーも何回か行った記憶があります。

建物の老朽化のための閉店で2023年の完成予定で商業施設ができる予定。

 

 

伊勢丹相模原店・・・2019年9月30日閉店

(2016年撮影)

1990年に開店、ドラマの舞台にもなりました。駅前再開発によりボーノ相模大野ができるなど環境が変わり2016年にはA・B館を閉館し昨年発表した縮小・閉店リストにも相模原は入っていたことから閉店の予感はあり店内も撮影しましたがいざとなると寂しいものです。

 

 

伊勢丹府中店・・・2019年9月30日閉店

(2018年撮影)

1996年に開店、多摩地区最大の百貨店として南口の再開発時に誘致されましたが、開店以降売り上げが落ち続け2018年の相模原店、新潟三越とともに閉店されることが発表になりました。

比較的近場でいつでも撮りにいけることや閉店を予想していなかったので急遽撮ってきました。

 

 

 

東急百貨店東横店・・・2020年3月末日閉店

(2014〜2019年撮影)

渋谷駅再開発に伴う閉店で2027年に「渋谷スクランブルスクエア」の中央棟、西棟が建てられる予定です。ちなみに地下の食品売り場は継続になります。

東横店もいろいろと思い入れがある店ですが、再開発が計画されていた時点で取り壊しは決まっていたことや渋谷が生まれ変わるための前向きなことと受け止めています。

 

 

2019年の東横店

 

 

2017年の東横店

 

 

2014年の東横店

 

ダイエー成増店・・・2019年12月中旬閉店

(2016年撮影)

 

・1988年開店、駅前の商店街スキップ村のなかにあります。閉店候補にとりあげられたことがありますが継続となった過去があります。

 

 

●中部

 

新潟アルタ・・・2019年3月下旬閉店

(2014年撮影)

 

・2018年8月に販売競争の激化による収益の悪化などで閉店することを発表しました。今までは古町地区の閉店が目立ったのですが、若い人が多い万代地区もラフォーレの撤退、レインボータワーの解体とその波が押し寄せてきています。

新潟アルタは1975年に三越エレガンスとして開業し、2002年にアルタに業態転換しました。

 

 

イトーヨーカドー丸大長岡店・・・2019年2月11日閉店

(2018年撮影)

 

・1988年開店、当時は競合にダイエー、長崎屋、大和百貨店、ジャスコなど多くあったが大半が撤退し丸大とイオンくらいしか残っていませんでした。

駅前の好立地にあり長岡を訪れた2018年3月の時点で撤退するとは思ってもいませんでした。

8月に丸大柏崎店が閉店したばかりで残るのは新潟店だけになってしまいます。

 

 

大和高岡店・・・2019年8月25日閉店

・1943年に開業し1994年に今の場所に移転しました。2013年に高岡市を訪れた際に大和百貨店に寄っていて食事もしていたのですが、この当時はあまり街の写真は撮っていなくて北陸新幹線開業後は北陸地方にいっていないのでちょっと後悔しています。

大和百貨店は富山と香林坊だけになりました。この2店は写真を撮っていただけになぜ高岡だけ撮らなかったのか悔やまれます。

 

パトリア(七尾市)・・・2019年3月3日閉店

・2017年にピアゴの撤退により業績が悪化、七尾市が出資する第三セクターの会社が経営破たんしたことで大半のテナントが営業を終了しました。

 

山交百貨店(甲府市)・・・2019年9月30日閉店

(2013年撮影)

 

・甲府駅前に1954年に甲府松菱として開業しました。今の建物は甲府西武(当時)の出店に対抗し駅前再開発に合わせ1989年にできましたが近年は赤字経営が続き3月1日に閉店を発表しました。

甲府の百貨店は岡島だけになります。

 

 

ザ・モール春日井パート1・西友春日井店・・2019年2月20日閉店

・大和ハウスに売却、建物も1977年と古いため解体し新しい商業施設を建て替える予定だそうです。

 

ほの国百貨店・・2020年3月中旬閉店

(2014年撮影)

丸栄、西武岡崎に続いてまた愛知県から百貨店がなくなる発表がされてしまいました。

1974年に豊橋丸栄として開店しました。豊橋には西武百貨店、GMSはダイエーやイトーヨーカドーなど大型店があるなかで健闘してきましたが、これですべて姿を消すことになります。

 

 

西武百貨店岡崎店・・2020年8月末日閉店

(2014年撮影)

2019年10月に他の西武・そごう4店舗を含めて業績の改善が見込めないとして閉店発表がありました。イオンモール岡崎の中にある店舗ですが減収が続いていました。

 

 

清水屋犬山店・・2019年2月20日閉店

・愛知・岐阜で展開するスーパーで犬山店が耐震性に問題があるため閉店が決まりました。

犬山は2013年に訪れましたが、ここの店は犬山口という駅の近くにあってその時歩いた犬山遊園や犬山とは違うところにあるため、見ることがなく閉店になってしまいました。

6階建ての結構大きな建物です。

 

 

ヤナゲン百貨店大垣本店・・2019年8月31日閉店

(2016年撮影)

・2016年B館が閉店したのに続いてA館も閉店することが決まりました。

少し前に大垣市の街歩きの記事の中でヤナゲン百貨店について書きましたが、こんなに早く閉店するとは思いませんでした。

1910年に柳源呉服店として創業し、ヤナゲン百貨店になったのは1961年、多いときは3館体制でした。2000年以降は債務超過に陥り平和堂傘下に、2016年8月には1970年築と老朽化が目立つB館を閉鎖し1館体制で継続していたのですがこれでヤナゲンは物販事業からは完全に撤退になります。

 

●関西

 

平和堂米原店・・2019年8月20日閉店

・2021年に建て替えてフレンドマートとして小型化した店舗を再オープンすることになりました。

1986年にオープンし一度は2018年2月に閉店する方向で動いていました。

 

西武百貨店大津店・・2020年8月末日閉店

2019年10月に他の西武・そごう4店舗を含めて業績の改善が見込めないとして閉店発表がありました。滋賀県は西武グループ創業者堤氏の出身県ですが、2017年のパルコ大津店に続いての撤退となります。

 

大丸山科店・・2019年3月末日閉店

・1998年に開業しわずか20年で閉店することになりました。ラクト山科ショッピングセンターB棟内にオープン後近年は売り上げ規模を縮小していました。

閉店後は専門店型商業ゾーンとして2019年11月にリニューアルオープンすると発表しました。

 

京都マルイ・・2020年5月31日閉店

(2014年撮影)

・四条河原町阪急が2010年に撤退したことを受け2011年にオープンしましたが、一等地で競合店などの影響でわずか9年での撤退でした。

 

 

ダイエーグルメシティ四条大宮店・・2019年2月11日閉店

・1999年サカエ四条大宮店として開店、2007年に今の名前に変わりました。

四条大宮は2013年に歩いたのに嵐電に乗ることしか頭になく写真を撮っていませんでした。

 

イトーヨーカドー東大阪店・・2019年2月17日閉店

2000年に東大阪市吉田の花園ショッピングセンター内にオープンしました。東大阪店の閉店で大阪府のイトーヨーカドーは残り4店になりました。

 

イオン京橋店・・2019年9月30日閉店

1971年にダイエー京橋店として開店しました。再開発の一環で4〜5年後をめどに建て替えるとのことです。

 

西武百貨店高槻店・・2019年9月末日閉店

(2016年撮影)

2017年にエイチ・ツ−・オーが買い取りましたが2019年10月1日より高槻阪急に名前が変わることが発表されました。これで関西の西武は大津のみになってしまいました。

 

 

そごう神戸店・・2019年9月末日閉店

(2014・15年撮影)

2017年にエイチ・ツ−・オーが買い取りましたが2019年10月1日より神戸阪急に名前が変わることが発表されました。

 

 

そごう西神店・・2020年8月末日閉店

2019年10月に他の西武・そごう4店舗を含めて業績の改善が見込めないとして閉店発表がありました。西武高槻店やそごう神戸店とともにエイチ・ツ−・オーが買い取り阪急になる話もありましたが、その後対象から除外されていました。

 

 

●中四国

 

そごう徳島店・・2020年8月末日閉店

(2015年撮影)

2019年10月に他の西武・そごう4店舗を含めて業績の改善が見込めないとして閉店発表がありました。徳島県から百貨店が消滅することになります。

 

 

イトーヨーカドー福山店・・2019年2月11日閉店

(2018年撮影)

 

2018年4月にゆめタウンを経営しているイズミと業務提携し福山店もイズミが引き継ぐことになりました。これで中国地方のイトーヨーカドーはすべてなくなりました。

8月に福山を訪れたのですが暑い中足を延ばしてポートプラザまで行ってよかった。

 

 

福屋宮内店・・2019年8月31日閉店(廿日市市)

・1991年にオープンしましたが個人消費の落ち込みや2015年にオープンしたゆめタウン廿日市など競合店の影響があったため閉店になりました。

 

 

ゆめタウン小野田店・・・2019年5月12日閉店

・おのだサンパーク内に出店していました。おのだサンパークは1983年にサンパークおのだとして開業しました。フジグランが寿屋の後に入店したのですが10年で撤退し、その後2012年にイズミがはいりました。

ただ近くに食料品に特化したゆめマート南小野田店が開店予定で集約のため閉店することになりました。

 

一畑百貨店出雲店・・・2019年2月28日閉店

・出雲店も売上が減少し今後は松江店と観光事業に力を注ぐようです。

出雲店は1964年に開店し、2001年に取り壊し後の新しい建物に縮小して再オープンしていました。

出雲大社という人気観光スポットがあるとはいえ、人口6万人では規模を縮小しても維持するのは難しかったと思います。

 

●九州

 

コレット(井筒屋)・・・2019年2月28日閉店

(2018年撮影)

 

1993年小倉そごうとして開店、2000年のそごう破たんに伴い閉店、玉屋、伊勢丹時代を経て2008年に井筒屋がコレットとして開業しましたが、井筒屋の売り上げ低迷、周辺施設との競合、地権者が多く絡む所有建物の家賃交渉も難航し2018年7月撤退を発表しました。

 

 

天神・イムズ・・・2021年度中閉店予定

(2018年撮影)

 

・2019年1月に三菱地所が発表。福岡市の再開発「天神ビッグバン」を見据えて2021年度中に営業を終了し建て替える予定です。

イムズは1989年開業しています。他にも天神コアは2020年3月に閉店が決まっていますが2018年に発表したため割愛しました。

 

 

イオン上峰ショッピングセンター・・・2019年2月28日閉店

・閉店するにあたっていろいろ物議をかもした店です。1995年に上峰サティとしてオープンしました。サティの経営破たんやイオン九州の売上低迷などから閉店に至ったようですが、上峰町に土地・建物を無償譲渡が決定、地元の新聞によると解体後再開発し、2021年に新しい商業施設の建設予定のようです。

 

熊本パルコ・・2020年2月末閉店

(2013年撮影)

 

・2019年2月28日に発表しました。ビルの建て替えに伴う閉店で複合ビルが完成後新しい商業施設の展開を検討しているようです。

パルコの入る建物は元々はサンバード長崎屋熊本店として1971年に開店し、撤退後は1986年にパルコがそのあとを継ぎました。

写真は鶴屋を撮ったのですが隣にパルコも見切れながら入っていたので掲載しておきました。

 

 

イズミヤ宮崎店(レマンショッピングセンター)・・2020年2月中旬閉店

・7月に説明会を開き店舗を売却して来年2月に閉店することが報道されました。南宮崎には近くにイオン南宮崎店もあります。1970年代の建物で売却先にはレジャー施設を運営する会社が有力視されているそうです。

 

今後も新しい情報が入り次第更新していきます。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 海南市の古い町並みを歩こう〜船尾市場と黒江の街並み
    さんぽっぽ
  • 海南市の古い町並みを歩こう〜船尾市場と黒江の街並み
    ばつまる
  • 山形市で商業地めぐり〜大沼百貨店と惜別・十字屋山形店
    さんぽっぽ
  • 山形市で商業地めぐり〜大沼百貨店と惜別・十字屋山形店
    コロロ
  • 静岡県沼津市で街歩き〜西武百貨店があった頃の沼津駅
    さんぽっぽ
  • 静岡県沼津市で街歩き〜西武百貨店があった頃の沼津駅
    Jerry Mouse
  • 和歌山県有田川町で街歩き〜有田鉄道廃線跡をめぐって有田川鉄道公園へ
    絵本のまち有田川
  • 80年代の写真から〜183系L特急わかしお&ビーチ・インBOSOわかしお
    さんぽっぽ
  • 80年代の写真から〜183系L特急わかしお&ビーチ・インBOSOわかしお
    タケシタフミヒロ
  • 名古屋市中村区で街歩き〜レトロな商店街と中村遊郭
    さんぽっぽ

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM